ローションと潤滑ゼリーの違いって!?知らないと危険!?

楽しいエッチをするための強い味方である、ローションと潤滑ゼリー。

私もエッチの時はどちらも活用していて、無くてはならないものになっています。

この2つは一見よく似ていて、混同されることも多いのですが、実は本来全く違う用途で使うもので、間違えて使うと危険な事もあるのです。。

え、同じものだと思ってた!

私もこの2つを混同して使っており、正しい使い方を知って衝撃を受けたので、あなたにもお伝えしたいと思います。

ローションと潤滑ゼリーの違いって?

ローションと潤滑ゼリーの違いを一言で言ってしまえば、

  • ローション・・・局部以外の全身に塗り、感触を楽しむもの
  • 潤滑ゼリー・・・局部が濡れにくい場合などに性交痛を和らげるために使うもの

です。

ヌルヌルしたような感触であったり、イメージなどから両者は混同されていることが多いのですが、実際は明確に用途が違うものなんですね。

混同しないように注意!

ローションと潤滑ゼリーの使い分け

結論から言ってしまうと、ローションを局部に使うのはNG!となります。

あなたも間違えて使ってしまってはいませんか?

私は勘違いして使ってしまっていました^^;

逆に潤滑ゼリーをローションの代わりに使うのは問題ないと言えばないのですが、トロトロ感であったり、コストの問題であんまりオススメはできないですね。

ローションを楽しみたいなら、全身でヌルヌルを感じるのが一番です!

ベッドだと汚れてしまうので、お風呂で楽しむのがいいですね。

せっかくなら、ローション風呂で大量にローションに囲まれる体験がオススメです!

ローションを潤滑ゼリーの代わりに使ってはいけない理由

ローションを潤滑ゼリーの代わりに使ってはいけない理由はローションの成分にあります。

ローションの主成分はポリアクリル酸Naというもので、おむつなどにも使われている吸水性の物質です。

ローションはポリアクリル酸Naが水を吸収しヌルヌル感を出しているものだということです。

吸水性ということは膣内に塗ってしまうと、膣内の水分を奪ってしまうということになり、かえって逆効果になってしまいます、

また、体外に排出されにくいため、残ってしまうと雑菌の繁殖や匂いの原因にもなってしまいます。

ローションを膣内に入れるのはやめよう!

正しい使用法でないと危険!?注意して使おう!

エッチを楽しくするために必要不可欠なローションと潤滑ゼリーですが、正しく使い分けないと悪影響が出てしまうことになるので注意してください!

まとめると、

  • ローションを使うときは体のみ!膣内には入れない!
  • 膣内には潤滑ゼリーを使う!

です。

ローションと潤滑ゼリーを正しく使って、ぜひ彼とラブラブなエッチを安全に楽しくしてみてくださいね♡

保湿成分配合で潤い続く!

今まで感じたことのなかった快感!▲